スピノザの海~蒼のライフセーバー最終巻3巻のネタバレとあらすじ!読者レビュー

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

マンガ博士

溺れていた俊彦を救ったものの、自らが漂流してしまい死の危険があった一星。
その一星のもとへ、雨の中駆けつける小夏の必死な描写から始まります。
読者の評価(マンガっこ!調べ)
ストーリー
(4.5)
面白さ
(5.0)
キャラの成長
(4.0)
総合評価
(4.5)

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

最終巻21巻のに収録されている話のあらすじ

マンガ博士

そのなかの第10話何度でも何度でもにスポットを当ててご紹介します。

前回、溺れていた俊彦を救ったものの、自らが漂流してしまい死の危険があった一星のもとへ、雨の中駆けつける小夏の必死な描写から第10話は始まります。

「一星!!」

勢いよく一星宅の扉を開ける小夏。

「ちょっとノックぐらいしろよ小夏!?」

そこには椅子に座り、電話をしている一星の姿が。

「言っておくけど、オレライフセイバーやめる気ねえから。」

「何言ってるの!?体内酸素がゼロになっちゃったら何しても戻ってこれないかもしれないのよ!?」

「でもこの体質じゃなかったら漂流の時もこないだも、救助どころかオレ自身やばかったのも事実だ!要は使いようだろ?別に死ぬためにライフセイバーやってるわけじゃねえし、気を付けっから心配すんな。」

「信じられるわけないでしょ!?いままで散々無茶してきたくせに!!もうやめてよ!!いくら何でも危険すぎる!!死んじゃやだよ…。」

自分の感情を吐露し泣き出す小夏。

「ちょ、ちょっと泣くなよ!?オレまだ死んでないし!あーそうだ!いいものやるよ!布袋石!なんとイルカの耳の化石なんだぜ!?」

そういって一星は包みを開き、布袋石を見せます。

「館山の浜で拾ったんだ。一緒に探した友達にもうらやましがられたもんさ。とにかく大事にしろよ。」

一星は泣き止んだ小夏を見て、

「大丈夫だよ小夏…。心配してくれてサンキューな。」

そう言い、部屋を後にしました。

「明日退院なんだって?よかったなー俊彦。」

入院中の俊彦の前に姿を現す一星。

「あんたライフセイバーなんだって?どうして他人のために命までかけれんの?全然わかんねえオレ…。」

疑問を投げかける俊彦。

「オレもよくわかんねえよ。海でヤバい人見つけると条件反射で飛び込んじまう。もうしょーがねえな。」

笑顔で返す一星。

「オレはオレをいじめてたやつが溺れてたら絶対助けねえ…。見て見ぬふりしてたやつらだって同罪だ…!むしろこの手で沈めてやるよ…!」

怒りをにじませ、空き缶を握りつぶす俊彦。そんな俊彦に対し、

「でもできないから自分が死ぬ方を選んだんだろ?やっぱおまえ優しいよ。ただし自殺だけはやめとけ。オレもさ少し前まで死にたいと思ってたんだ…。海で行方不明になった友達を探すために親の制止を振り切って毎日潜った。暗い海に溶けてそのまま消えてなくなりたいとどれほど願ったことか…。でもライフセイバーを始めて考えが変わったんだ。あの時苦しくても生きたから助けられる人が確かにいるんだ。オレみたいな人間でもできることがあるんだって…。オレはおまえが生きててくれてめっちゃうれしい…!すっげーうれしいよ!」

そう言い満面の笑みを見せる一星とその笑顔に救われた俊彦。
「何かあったらいつでも連絡しな。真夜中でもいいぜ。とにかく生きろ!」

家に帰り、自分の部屋でさっきの一星の発言を思い返す俊彦。

「オレもげんきんなやつだな。あんな言葉一つで…。そうだスマホ、ずっと電源切ってて…。」

ふとスマホの画面を見ると、自分がいじめられている画像が通知で送られてきていました。

ガタッ!バンッ!

動揺しスマホを落としてしまいます。
「落ち着け。今はもう一人じゃないんだ…。大丈夫…。」

ベッドに入り眠ろうとするも、鳴りやまないスマホに落ち着かない俊彦。

一星と小夏が橋の上を散歩していると、橋にもたれかかっている俊彦の姿がありました。

「何やってんだこんなとこで…。連絡とれねえから今からおまえん家行こうと思って…。」

「スマホの電源落としたんだ…。もうずっと眠れなくて…。ごめんな。頑張ってみたけどやっぱオレだめだ…。」

「おい…落ち着け。必ず方法はある。一緒に考えよう。逃げても何してもいい!でも死ぬのだけはダメだ!!」

「うん…。ごめんな。最後に会えてよかったよ。ありがとう。」

そう言い俊彦は橋に片足をかけます。

飛び降りようとする俊彦を止めようとする一星と小夏。

「触んな!!」

俊彦が抵抗し、小夏の布袋石が宙に舞います。

その布袋石を何とか拾おうとした小夏が川に落ちてしまいます。

落ちた小夏を助けようと反射的に川へ飛び込む一星。

ドオオオン!!

一星の言葉を再び思い出し、叫ぶ俊彦。

「さすがに今日は釣りはムリかなー。」

釣りをしていた人の近くに運よく浮かぶことができた一星。

「すいません…。こいつを…。」

小夏を丘へ上げる一星。

「一星なら助けてくれると思ったよ…。ありがとう。」

そう言われ照れる一星が丘に上がろうとした矢先、大きな木の枝が一星の体に直撃し、激流に飲まれてしまいます。

「一星!!」

叫ぶ小夏。

今回またしても命を救った一星は、今度は自らが命の危機に陥ってしまいます。次回一星の命運はどうなるのか、目が離せません!

気になる続きは、新刊でチェックしてくださいね。

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!