東京卍リベンジャーズ9巻のネタバレとあらすじ!読者レビュー

マンガ博士

前回、土壇場で一虎に助けられたタケミチは
「合わせたいやつがいる」
と一虎に連れられ、ナオトと再会を果たすがいきなり逮捕されてしまいました。

今回はその取調室でナオトからとある動画を見せられるシーンから始まります。

読者の評価(マンガっこ!調べ)
ストーリー
(4.5)
面白さ
(5.0)
キャラの成長
(4.0)
総合評価
(4.5)

東京卍リベンジャーズ最新刊9巻に収録されている話のネタバレ・あらすじ

マンガ博士

そのなかの第76話にスポットをあててご紹介します。

「これを見て下さい」
そう言われ映し出された動画には千冬と東卍の大幹部となったタケミチの姿が。

「…これがオレ?」
戸惑うタケミチに対しナオトは

「松野千冬が隠し撮りした動画です。君が過去から現代に帰ってきた瞬間、ボクの世界も一瞬にして変わった。君が過去を変えて大きな変革が起きたからです。まずこの世界の僕と君は中学以来出会ってない。ボクは前の世界と同じ警察、だが君は東卍の大幹部。そして前の世界と同じように姉さんは8月10日車に乗っているところを千堂アツシの乗った車にぶつけられ殺された。」

と説明しました。

『今日呼んだのは他でもねえ。ある奴を消して欲しいんだ。そいつが何者なのかなんて知らねえしどうでもいい。重要なのはそいつが東卍にとって邪魔だってことだ。やらないと稀咲が黙ってねえ。わかるな?アツシ』

そう動画内の自分が千堂アツシに命令を下す姿に、タケミチは茫然とします。

「アッくんにオレが人殺しの命令を…?」

「…次の動画です。心して見て下さい」

そこに映っていたのはオフィスの一角でものを壊し暴れまわるタケミチ。

ガシャン!

『くそっ!ハメられた!稀咲は悪魔だ!消す相手がアイツだったなんて…』

稀咲に騙され、行き場のない感情をぶつけるタケミチがそこに居ました。
「ナオト もういいよ」
言葉を振り絞るタケミチ。

「ボクたちは姉さんの事件で、稀咲が関与した証拠を追っていました。この動画がその証拠です。」
次の動画を流そうとするナオト。

「もういいって言ってんだろ!!」
感情的になるタケミチ。

「松野千冬はこの動画を隠していました。彼は君を庇ったんです。」
冷静に説明を続けたナオトは次の動画を流します。

その動画には、ヒナタの乗る乗用車に千堂アツシが車で正面衝突する事件現場の悲惨な光景が映っていました。

「ハハハ…。オレが ヒナを… …殺したんだな…。」
絶望に打ちひしがれ、自暴自棄になるタケミチ。

「もういいよ…。もうヤダよ…。もう何度目だよ…? 何にも変わってねえじゃん…。むしろもっと悪くなってる…。オレがヒナを…。アッくんも!千冬も!みんな死んでいく!場地くんなんてもうどうやったって死んだ前に戻れねえんだ!どうやったって助けられねえんだぞ!」

「わめいて何になるんですか!辛いのは僕も一緒です!」

「一緒じゃねえよ!オレはオマエの姉ちゃんを殺したんだぞ!!もうやめようナオト!オレには何も変えられねえよ!

涙が止まらずやけになったタケミチを思わず抱きしめるナオト。

「ボクは君に救われた!何もできなくなんかない!ボクの知っている最初の世界は東京卍會に龍宮寺 堅はいなかった。松野千冬も羽宮一虎も場地圭介も。彼らの想いがなかったらここまで東卍に食い込めなかった。彼らの想いを紡いだのは君ですよ。東卍を変えられるのも、姉さんを救えるのも君だけなんです!!最悪の世界を変えて下さい!タケミチ君!」

ナオトから檄を飛ばされたタケミチは、過去を変えるために次号再び過去に行きます。

今週は様々な真相が明らかとなり、主人公が新たに歩み始める契機となる回でした。
過去を変えナオトを救うことは出来たが、その変化により生じた新たな歪みによって、騙されていたとはいえ、自分の命令によってヒナタを殺めてしまったタケミチ。今度こそヒナタを救うためにどう立ち向かうのか。今後も目が離せません!