ましろのおと21巻のネタバレとあらすじ!読者レビュー


マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

マンガ博士

筍コンサートの反響からデジタル配信の売り上げが好調なSTCが、若菜から日本伝統音楽ランキングで1位を奪取し、時代劇映画の主題曲候補にも名が挙がる全てが順調にいきました。今回は桜の父のからだに異変が起きるなど様々アクシデントに見舞われるお話です。
読者の評価(マンガっこ!調べ)
ストーリー
(4.5)
面白さ
(5.0)
キャラの成長
(4.0)
総合評価
(4.5)

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

ましろのおと最終巻21巻に収録されている話のネタバレ・あらすじ

マンガ博士

そのなかの第84話にスポットをあててご紹介します。

「お…お父ちゃん、狸寝入りでしょ?手ギュっとして?ねえ!?お父ちゃん!!」

父が倒れ動揺しているが、その父を必死に呼び起こす桜。

「助けて!!電話!!お父ちゃんが…。」

シーンは変わり、様々なお客さんが集まるライブハウスで演奏しているSTC。

「対バンなしの単独ライブだと小規模のライブハウスでも客が埋まらないものだなあ。」

額に汗を滲ませながら演奏する澤村雪と、STCの演奏姿に涙を浮かべるマネージャー。

「デジタルミュージックの売り上げ伸びたし仕事もポツポツ入ってきているのに辛い。タレントと何かしてやる!!という夢と何とも言い難い手詰まり感を交互に味わう…。」

グッ!ウィンッ!

演奏中の荒川がとあるスーツ姿の人を見かけ、演奏の手を速める。

「あれはきっと、今企画中の映画関係者!」

その異変に気づきながらも何とかフォローするSTCのメンバー。

演奏が終わり、舞台から降り楽屋に戻ると、

「荒川ぁ!スタンドプレーも大概にしいやぁ!伝えたい曲のイメージと合うてへんねん!」

「ライブやけん即興ありやろ!盛り上げるのも大切やろ!」

口論している梶と荒川を尻目に物思いに耽っている雪。

「前から思っでだんだばって、スタンディングで飲み物のみで聴いでるの辛そうだよな。フラっと入れで座れる感じの出来ねえかな。」

考え事をしている雪のもとにマネージャーが来ます。

「雪君。知らせたいことがあります。今日の午前中、大家のご主人が倒れて病院へ運ばれた。」

その知らせに驚愕する雪。

「脳梗塞だそうだよ。病院に電話したら手術は無事終わったとのことだ。」

「な…なしてしかえでけねがった?」

「ライブが終わってから話したほうがいいと思って。」

「あそこは父親と子供二人きりなんだ!!病気よりライブが!?おめえら何様のつもりだ!?」

声を荒げる雪に対し、

「あだしは救急車に乗れねがった。こごに来るギリギリまで病院さ居だけど、家族待機室さいる桜ちゃんさも会えねがった。あだしはその気持ちのままライブしたよ。あんだが知ったどごで何が出来だってな!?家族じゃないんだがらな!?」

涙ながらに叱る舞。

『なんだよこれ…。脳みそど心臓の奥が冷だく沈んでぐ…。』

やりきれない気持ちのまま家に帰り、布団にうずくまり頭を抱える雪。

翌日、STCのメンバーは桜の父が入院している病院へ行きました。

「皆さん、わざわざありがとうございます。」

桜の姿を見つけた瞬間、舞は桜に抱き着きます。

「桜ちゃん!頑張った!偉い!」

その言葉に一安心する桜。

「まだ言葉が出ない状態なんです。面会ができるようになったら知らせますね。」

別れ際、

「何かしてほしいことない?

と雪が聞くと、少し困った様子で

「すみません。ちょっと思いつかないです。」

と桜は言い、STCはその場を後にしました。

それから一週間後、桜と会うタイミングがなく、桜の父との面会の許可がでない中、マネージャーに宮本から一本の電話が来ます。

「お世話になっている宮本です。次に会うときに詳しく話しますけど、先にすみませんだけ…。」

暗い雰囲気のなか部屋にSTCが集められ、とある報告を受けます。

「映画の話はリセットするということで無くなった。」

その報告に愕然とするSTC。

「本当に申し訳ない。うちの事務所にもっと力があったら…。そう思われても仕方ない…。」

『映画の主題曲は大手事務所の売り出し中のグループに決まった。決定の最もらしい理由が嘘なのか本当なのか?はどうでもよくてただただ胸が抉られた。』

あるバーで愚痴をこぼすマネージャーと宮本。

「雪君が言っていた、ライブハウスで演奏するのではなく、ジャズクラブのジャンルフリー版で何か力になれねえかな。」

という言葉に何やら閃いた様子の宮本。

家に帰った雪は住民の方からあるものを受け取ります。

「はいこれ。預かってた。桜ちゃんがここの住人みんなつくってくれてて、いない人にも渡してくれって。」

包みを解くとおにぎりが。

桜の父が入院して十二日目に、桜は伯母さんの家へ行ってしまいました。

今回は桜の父の危篤、そして映画の主題曲のキャンセルという大きな問題が起き今後どうすればいいのか、STCの葛藤や心情が描かれた話でした。この問題にどう立ち向かうのか今後も目が離せません!

気になる続きは、新刊でチェックしてくださいね。

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!