キングダム 52巻のネタバレとあらすじ!読者レビュー

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

マンガ博士

メラ族の族長、カタリをブネンに討ちとられ、さらに半数以上の兵を失った壁軍。
みずからの手当てを拒み、他者を気遣いながらも、肩を落としている壁のもとに、カタリの妹、キタリの意識が回復したとの報告が入る、そんな今回のお話です。
読者の評価(マンガっこ!調べ)
ストーリー
(4.5)
面白さ
(5.0)
キャラの成長
(4.0)
総合評価
(4.5)

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

キングダムの最新刊52巻に収録されている話のネタバレ・あらすじ

マンガ博士

そのなかの第567話にスポットをあててご紹介します。

目を覚ますなり暴れだすキタリ。その様子に驚く壁に、通訳がキタリの叫びを伝えた
「なぜ自分が生きてる、カタリの仇をとらずになぜ皆生き永らえているのか」と。
その様子に言葉を失う壁。

その壁を見つけ近寄ろうとするキタリだが、
「貴様!」
と叫ぶなり倒れてしまう。
壁を支えに起き上がり、壁をにらみつけるキタリ。
「平地のクソ野郎、お前らの戦争でカタリが死んだ。お前らが弱いからだ。
カタリを返せ!兄者を返せっ!!」
涙を流し叫ぶと、傷の痛みで再び倒れこむキタリ。
通訳が訳さずとも、キタリの心の叫びは壁にも届いていた。

しかしここでキタリに、そしてメラ族に戦意を失われることは完全なる敗北を意味することになる。
つらい気持ちは痛いほどわかるが、今だけは、この戦況を打開するまでは、カタリの死を忘れ立ち直ってほしいと頼む壁。

カタリの死後キタリが気を失い、どうにか逃げるもブネン軍に執拗に追撃され、軍は半分以下に減らされたということ、今はブネン軍が追撃の足を止めているため、なんとか休息が取れている。
「今メラ族を支えることができるのは、次期族長のキタリだけだ!」
と必死に伝える壁。

通訳が訳している間、キタリは幼いころカタリと交わした会話を思い出す。
族長とはなにか、その心構えをカタリから聞いた時のことだった。
「族長とは親だ。族長とはメラ族のことを考え、今メラ族のためにすべきことを実践する者だ。」
と語るカタリ。
理解できずにふくれるキタリに、分かるまでは自分の真似をすればいいとカタリは言った。

(カタリであったらどうするのか?今、自分はどうすべきなのか?)

うつむき目を閉じているキタリ。
心配した壁が近づくと、意を決したキタリは顔を上げ、壁を殴り飛ばす。
族の年長者に自分が族長でもいいのかと問うキタリ。
「カタリに比べると頼りないが、皆はカタリと同様キタリを愛している。皆を導け、キタリ」
そう背中を押されたキタリは族長としての第一声を発した。
「これよりカタリの仇を打つまで一切の涙を禁じる!休息は終わりだ、残った兵力で隊を作り直せ!」
心にあるのは在りし日のカタリ。カタリに恥じない族長になるため、キタリの決意に胸を打たれるシーンだ。

士気を取り戻したキタリは壁のもとへ行き、こう告げた。
「この怒りを胸にブネンの首を狙う。ともにカタリの仇を!」
キタリの鼓舞により士気を取り戻したメラ族。
そこへブネンの動向を伝える使者からの報告が入る。

なんとブネンは追撃をやめ撤退し、隣の戦場に向かったというのだ!
ブネンの標的は戦場に現れた楊端和だった。

日が沈み、ロゾ軍と趙軍の連合軍を振り切ったと思った楊端和軍だが、連合軍はしっかりと追い続け、行き止まりである壁面の地へと追い込まれていた。
そこへブネンも合流したという。
圧倒的な戦力な差。残った兵士たちも傷を負い、今にも倒れそうな者たち。
しかし楊端和の目は死んではいなかったのだ。
疲れ果て、多くのものがここまでと覚悟を決めていたその時、耳に飛び込んできたのは
各隊に動きを支持する楊端和の声だった。
彼女の声は全く光を失っていなかった。その声に、はっとする山の民。

「顔を上げろ山界の勇達よ。これまでの山界の力の終結はすべてこの戦いのためにあった。最後まで戦え!われらの勝利を祝う太陽だ!!」
楊端和の声に士気の上がる山の民たち。
そして誰もが悟った。まだ山の王は勝つ気でいることを!
「全軍、突撃だー!」

完全に追い詰められ、数少ない兵力。
はたして楊端和軍はこの絶体絶命の包囲網を抜けることができるのか!?

気になる続きは、新刊でチェックしてくださいね。

マンガを実質無料で読む方法があります。
それは、FODというフジテレビのサービスを利用すること。
FODを利用する3つのメリット
1.フジテレビのドラマが唯一見られる!アニメやドラマも無料で
2.初月無料、翌月からも888円でほかの動画サービスより安い!
3.8が付く日にポイントゲット!1か月1200ポイント
(支払いが必要な作品でも1200円分はポイントを使えばいい!他よりもポイントがもらえます!)

入会も退会も簡単!

今日から1か月は0円です

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!