産後11キロ落ちなくて顔がパンパンだった私でも痩せた方法

痩せたらおしゃれな服も産後でも気兼ねなく着られるようになった

産後に撮影した自分の写真を見て、体型もそうですが顔がパンパンに膨れ上がっていて、産前の自分と全く異なったように見えたので、現実を再認識してそれがとてもショックでした。
仕方がないこととは言え、なんとも言えない気持ちになりました。

妊娠前は41キロです。産後にMAXで52キロになりました。その時の年齢は35歳です

妊娠中は食べつわりでした。食べないと気持ち悪くなってしまうので、仕方がないこととは言え、ちょいちょいつまみ食いをしていました。
とにかく何かしら口にしていたので、きっとそれが良くなかったんだと思います。
つわりが終わった後、産後も母乳のためとかこつけて何かと食べていました。MAX体重は52キロです。自分の体型を見ただけで太っていると思いました。鏡に映った自分の体型が丸くなったような気がしました。

2ヶ月かけて43キロまで痩せました。その時の子どもは6ヶ月くらだったと思います

ダイエット方法としては、出来るだけ間食をしないように気を付けました。本当にこれが一番辛かったです。
また生活習慣としては掃除をしたり、洗濯をしたりと普段の生活の中で体を動かし続けることを特別意識しました。
痩せて良かったと感じたことは、産前の洋服がなんなく着られるようになったことです。
友達からは産後とは思えないほど痩せてるね、と言われたことがあって、その言葉がとても嬉しかったです。
産前の服が着られることはとても幸せです。痩せたことで特に周囲の態度は変わりませんでしたが、「すぐに体型が戻ったね」とか「痩せてるね」と言われるととても嬉しかったです。
褒められることで自分自身のモチベーションにも変わりましたし、このまま体型を維持していこうと思えるようになりました。

写真撮影をして自分に対して羞恥心がなくなる

やはり産前の洋服が着られるようになった、ということです。
おしゃれな服も産後でも気兼ねなく着られるようになったことが良かったです。

赤ちゃんと一緒に写真撮影をしても、その時の自分に対して羞恥心がなくなる、ということです。
写真はずっと思い出に残るものなので、少しでも良い自分を残しておきたいです。

新しい洋服を買わなくてすんだ、ということです。
太ってしまうとそれに合う洋服を買わないといけなくなるので、経済的にも良いと思います。