ズボンのボタンが出産後太りすぎて外れた!49キロまで落とせた体験談

痩せて体が軽いととにかく育児が楽になる!

出産前に着ていた服がピチピチになってしまったこと。
気に入って履いていたパンツを履くのに一苦労した挙句、ボタンが止まらなくなっていたので「ここまで太ったか…」と落ち込みました。
肩や背中が丸くなって、何を着てもおばさん感がでてしまうので恥ずかしかったです。 

妊娠前/50kg ダイエット開始時/57kg 31歳

 妊娠中はつわりが酷く食べられないものが多かった中、なぜか白米は平気だったというか、むしろ白米が食べたくて仕方がなくて毎日もりもり食べていました。
食べられる時はおかずがなくてもご飯ばかり食べていたのでかなり太ってしまいました。  MAX/57kg 腰や背中が明らかに分厚くなったと感じ、立ち上がる時にお腹の重みとは違う体の重さを感じるようになりました。

1年かけて49kgまで 子どもは1歳5ヶ月

 子どもができてから時間がとにかく無いので早食いになりがちでしたが、多少量は少なくなってもいいのでとにかくよく噛むようにしました。
あとは、時間がある時は子どもを連れてよく散歩にいくようにしました。家の前をウロウロしたり意識して歩くことを心がけていました。   太っていた時は育児をしていると腰痛や肩こりが酷かったのですが、痩せてからは自分の体が軽くなったせいか痛みがましになりました。
見た目も随分変わったので、外に出るのが恥ずかしい気がしていたのですがそれも解消されました。   以前の体重に戻っただけなので特に変わりはありませんが、産後太りを経験したことがあるひとからは「よく戻せたね」と褒めてもらえます。
夫は太っていた頃も口に出して何かを言うことはありませんでしたが、痩せても特に何も言ってはくれません。 

育児だってうまくやれるというポジティブな気分になれます

 体が軽いととにかく育児が楽になる!
赤ん坊の重さと自分の体の重さをダブルで感じていた頃に比べると数倍楽です。   外に出るのが億劫でなくなる!
太っていると「人前に出るのが恥ずかしいなあ」と思うこともありましたが、人目を気にしなくなります。   自分でもできる!という気持ちになれる
こんなしんどい時期に痩せられたのだから、育児だってうまくやれるというポジティブな気分になれます。